85b3aed9.JPG昨年の12月。

大寒波の中、善光寺にいってまいりました。

いや~寒かった。そして痛かった。

むかし、東京でリーマンやってるときに、長野支店の営業の「マブチさん」に

連れてきてもらって以来です。

当時は、あんまりお寺に興味なかったんですけどね・・・。

善光寺本堂の地下に真っ暗な通路があるんです。

なんて言うのか忘れましたが・・・

ホントに真っ暗で・・

光の一切ない真っ暗闇では目をあけても閉じても、

目に入るものはかわりませんが

不思議なことに

目をあけて

(何も見えないのに、なにか見えるものを見ようとして)

歩くと、腰が引けて、なかなか歩けません。

逆に・・・

目を閉じてあるくと

(見ようとすることをあきらめると)

結構すたすた歩けるんです。

世の中も似たような事ありますよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です