a901ee06.jpg

みなさま御疲れさまでございます。

一昨日の3月4日大山の不動堂で火渡り修行(柴燈大護摩供)を

執り行いました。

天気はとてもよかったのですが、午前中は風が強くて・・・

結界の竹が一本折れてしまいました・・・。

それも鬼門の竹が・・・。やっぱり鬼門は危険なのだ!

などと思ってしまいました。

昨年は火勢を気しすぎて、あまり燃えない壇を作ってしまったので

今年は、燃えやすい壇をと思っていたら

桧の枝の量が少なかったのもあって

あっという間に

ものすごい炎が…

柴燈護摩では点火の後の御不動さまの煙がもうもうと

のぼるのがとっても良い物なんですが・・・

今年はあまり出ませんでした。

御手伝いに来ていただいたお寺さんも

天気が良いのと、炎があついのとで

あっ

というまにお顔が真っ赤に焼けておりました。

特に経頭(皆で唱えるお経をリードする役目)を

頼んだお寺さんは、場所が壇に近く、マイクがあるため

動くこともできず・・・

本人曰く

『オレは火生三昧に入ってたぜ!』

との事でした。<写真>

写真の護摩壇は時間が経ったもので形が崩れておりますが

火勢のあるときは、不動堂に引き込んでいる電線を

焼ききらんばかりの勢いでした・・・。

なにはともあれ

去年よりも多くの方がお参り頂き、火渡りまでやっていかれました。

とってもうれしい事です。

去年よりも今年、今年よりも来年。

毎年少しづつでも、皆さんにより喜んで、ありがたいと言ってもらえる

行事にしていきたいと思っております。

ちなみに

当日は、不動堂は東から西にずっと風が吹いていたのですが、

境内の西側にとめた私の車の窓はずっと全開だったので

車の中に煙がバンバン入り

車内のお清めができたのは良かったのですが

未だに、車の中が

護摩の匂い

でいっぱいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です