2月1日 当山の星まつりが無事終わりました。

最近、

「ブログ更新してねぇなぁ~」

と言われるようになりました。

一生懸命書いている時は、余り見てもらえず・・・

なかなか更新できないと 見る人がけっこう居たりして・・・

ホームページの更新もずっとやっておらず、

最近やっと更新できました。

今回の星まつりでも、ホームページを見て申し込み頂いた方もおり、

毎月遠方から来られる先祖供養や水子供養の方々の為にも

本当はもっと更新をしなければいけないのですが・・・。

と、反省の色をみせつつ・・・

おそらく、また更新が滞りそうな感じはしております。

去年までは星まつりという法要は行っておらず

申し込みがあったお札を、(祈願して)配っているだけでした。

まぁそれはそれでも良かったのですが、

他のお寺さんの星まつりのお手伝いに行くようになり

法要の他に、豆まき(という名のお菓子まき?)や福引など

やっているお寺さんの信者さんも見ていると

皆本当に楽しそうだったので、

「こりゃ、うちでも法要をせないかんばい。」

と思うようになり

構想3年

やっと、今年の星まつりの法要を迎えました。

まぁ

苦労や悩みは沢山あったのですが・・・

一番大変だったのは申し込み時の年齢でした。

2月3日を境に変わる数え年

今までずっと申し込みをしてる信者さんは

「去年の年に1たせばいいちゃろ?」

という事で毎年やっているので問題なかったのですが、

今年から、法要をやるとの事で、今まで案内していなかった

信者さん達にも案内をだしました。

おかげで新しい方たちで100人余りの申し込みを頂きましたが・・・

まぁ、間違いの多いこと。

というか、私の送った案内が悪かったんでしょうけど・・・

普段数え年になじみのない人には

なかなか、難しいようで・・・

1月生まれの人はひとつ前の星になると何度いっても・・・

「ちょっと!亮善さん!

あんた御札に書いちょる星が

暦と違うばい!」

と数名のおばちゃんから怒れられまいた。

おばちゃん達が怒っている間は、口が挟めませんので・・・

電話口で、暦の冊子をみながら吼えるおばちゃん達の

ボルテージが下がりかけたところで・・・

「○○さん、もしかして一月生まれじゃないですか・・・??」

と、分っているけどあえて下手に・・・

「そうよ!!!!一月生まれよ!だから・・・・何?」

クールダウンしたのを確認して・・

「2月3日」から星の運気が変わりますので、2月3日以前の誕生日の
人はひとつ前の星になるんですよ・・・」と。

「あら~そうなの~」

「だーかーらー、何回も言ったでしょ!説明もしたでしょ!」

なんて、気の弱い僕が言える訳もなく・・・。

「そーなんですよ~、ほーんと、分りにくいですよね~。来年からもっと案内をわかりやすくしますから、ほんとすいません~」

と、何故か謝ってその場が終わるんですが・・・。

そんな星にうるさいおばちゃんが、一番周りの人に、星まつりを勧めてくれたりするので、いろいろうるさく言ってくれる人が実は好きだったりするのですが。

ただ、そのおばちゃん達から来年も同じように怒られそう・・・というかほぼ、間違いなくそうなるのが、今から気になっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です