厄除け星まつり祈願祭

明王寺では毎年1月28日に、開運・厄除けの星まつり祈願祭を執り行っております。
私達の運気は毎年節分である2月3日を境に変わります。
明王寺ではその一週前の不動明王のご縁日「初不動」の吉日に護摩祈願を修して、お申込された皆様の星を供養し、開運と厄をはらう法要をしております。

星祭りとは、あなたの厄を払い運を開くご祈祷です。

人は皆その年々の気を受けて生まれてまいります。
その星が年々順に巡って行きますから、善い年と悪い年とができてきます。その人の持って生まれた星と、めぐり来る星との兼ね合いや、個々人の運勢の強弱、さらには日々の生活の中に生じた善根功徳や欲悪煩悩の多さ少なさなど、あらゆる条件の結びつきが禍福・吉凶につながってまいります。
星祭りは運気の変わり目である節分の前に、次の一年の当り星を供養して、悪い年は悪事災難を逃れ、善い年は一層よくなるよう祈願するものです。
明王寺の星まつりは百余年前の開創以来続いている行事です。

星まつり申込みの流れ(申込み期間は12月~翌年2月まで)

1、お電話またはメールにて下記お知らせ下さい。

・お名前 ・ご住所 ・電話番号
連絡先 電話0973-23-7801  メールinfo@fudouson.com

2、お寺よりご案内を郵送にて送付いたします。

※直接お寺に取りに来ていただいても結構です。
ご質問やご相談がある場合は事前にご連絡の上、来寺ください。

3、送付されたお申込書にご記入の上、お寺にお持ち下さい。

※電話・郵送・FAX・メールでも結構です。

4,1月28日の星まつり祈願祭にて皆様の星を供養して開運と厄除を祈願いたします。

※別日に個別にて「厄年・凶年のおはらい」をご希望の方は、お電話にて日時ご予約の上、来寺ください。

5,御札の授与

当日参詣の方にはその場で御札を授与いたします。それ以外の方には1月29日以降に郵送いたします。